サイトトップ 前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する
2011.05.03.更新

メキシコ的小ネタ

ここはアボカドの産地なもんで

おなかまわりにぐるっと一周、切れ目をいれました。
おなかまわりにぐるっと一周、切れ目をいれました。
簡単、綺麗にぱかっといけるもんです。
簡単、綺麗にぱかっといけるもんです。
 日本に入っているアボカドの約9割はメキシコから、しかもその内の8割はこのグアダラハラ周辺ということなので、日本にあるアボカドの10個のうち6〜7個はこの当たり出身ということになります。
 まさにアボカド天国。(メキシコではアボカドをナウワトル語でアグアカテと呼びます。)残念ながら私はアレルギーがあって、大好きなのに食べられませんが。。。

 さて、日本のみなさんも、アボカド好きの方が多いと思います。私も以前は、まぐろの赤身とワサビ、醤油ちょっとと合えて「トロっぽい!」とはしゃいでいましたね。
 本場のみなさんは、とりあえず家には必ずあるし、スープや肉料理、サンドイッチと、とにかく何かにつけてちょこちょこと摂取されています。

 サラダやグアカモレ、お寿司などに使う時に「どうやって切ろう」「どうやって中身をぐずぐずにせずに種を取ろう」とお悩みではないでしょうか?

 現地メキシコでの「割り方」種の取り出し方をお教えいたしましょう(食べられない癖に)

 まず、縦でも横でも結構です、ナイフを種まで入れたらアボカドをするすると回し、まっぷたつになる線を入れます。で、ジュースの蓋をあけるようにきゅっと。(縦でも横でも同じように)ほ〜ら、綺麗に2つに分けられましたね?そしたら、種のない方から使っていきます。一個全部ではなく、半分残す時はかならず、種がついているほうを残しましょう。変色ない、とのこと。

 また、柔らかすぎて「きゅ」っと開けられないものは、頭(蔓がついていた方)からナイフをいれ、バナナの要領で皮を剥いて行きます。

 グアカモレなどは、食べる直前まで種を入れておくと、変色しないで渋みも出ないでおけると。。。。。

モザイク模様のゼリー

 以前、誕生日などのパーティメニューの締めくくり、みんな大好きデザート編でお伝えした「ケーキとセットで必ず登場」するゼリー、ヘラティナ。

 先日、子供の芸術的感覚を刺激するかのような美しいヘラティナに出会いました。

 白地に5色のモザイク模様。
 作ったのは親戚のおばちゃん。彼女、なんでも'80年代後半に、LAでマイケル・ジャクソンのデザート料理番をしていたという腕の持ち主。(彼女のつくるフランは昇天もの)

 作り方を聞いて、かなり手間がかかっている事が判りました。
 
 まず、入れたい種類のヘラティナの素(ゼリエースみたいな)でそれぞれ作って行きます。今回は、ピンク=イチゴ、紫=ブドウ、緑=ライム、黄色=レモン、茶色=チョコレートの5種類。最終的には細かくするのでどんな容器でもいいんですって。
 それらがちゃんと固まったら、適当に(ほんと適当)ざくざくと切って、大きなゼリー型に作ってあら熱を取った練乳ゼリーの中にぼんぼんと入れて行きます。
 この練乳ゼリーだけでも美味しいんですけどね。5種類それぞれもわりと美味しい(ライムは除く。なんだか石けんみたい)。

 この日は40半ばの友達(おっさん。。。)の誕生日で、家族友人わらわらと集まってのケーキ入刀。
 おっさんになっても、うれしい誕生日会。うれしいケーキにヘラティナ。
 あっという間に無くなりました。
子供部屋の壁紙?みたいなモザイク模様のヘラティナ
子供部屋の壁紙?みたいなモザイク模様のヘラティナ
おっさんだって嬉しい誕生日。
おっさんだって嬉しい誕生日。

栓抜きがなくても飲む

ぎゅっと握りしめ。。。
ぎゅっと握りしめ。。。
「指」より堅いもので。。。
「指」より堅いもので。。。
男らしく一気に!
男らしく一気に!
 この地域は3月中旬以降、熱く暑く乾いた日々となります。
 夕方になると、誰もかれも、冷たく冷えたビールを欲するのが世の常(か?)。

 どこでだって飲みたい、キンキンに冷えたビール。
 一人でも、二人でも、何人でも、人が集まればすぐに何かが始まります(何が!)。

 誰かがビールを買って来て、誰かがつまみ、だれかが氷。。。そこで気付く「栓抜き」の不在。
 日本だったら?誰かの家に走る?酒屋さんに走る?
 そんな事いたしませんよ、メキシコ人。
 今飲みたいんですから、今。

 栓抜きが無い場合のビールの栓はどう抜くのか。
 友人が実践してくれました。(家でやってるからキッチンに行けば栓抜きあるってのに)

 口元をぎゅっと握りしめ、ライターを使ってテコの原理で一気に、男らしく!
 この「男らしく」というのがミソ。気合いを入れて(果たしてメキシコ人に気合いというものがあるかどうか、は別にして)、やる訳です。

 女子はやりませんよ。目で男子に合図して、男っぷりを見せてもらいましょう。見せびらかす喜びを、男子に味わわせてさしあげましょうよ。

 ライターでなくても、指より堅いものならなんでも可。ボールペンでも、フォークの柄でも、あちこちで男達が「俺の男っぷりを見てくれよ」と、シュポシュポ、やっています。
 中には指輪(結婚指輪でやると怒られるので、カレッジリングなど)や、ベルトのバックル(これはそうとうみなさんが出来上がったころでないと。。。)で。

 ま、楽しくビールが飲めればそれでいいんですけどねぇ。
 どうしたって飲みたいビール。命がけです。
前の画面に戻る
  • この記事をはてなブックマークに登録する
  • この記事をGoogleブックマークに登録する
  • この記事をYahoo!ブックマークに登録する
  • この記事をlivedoor clipに登録する
  • この記事を@nifty クリップに登録する

最近の記事

メ的手吹きガラス 07.30.
手吹きガラスのお店で大興奮してきました!
メキシコ 春?模様 06.28.
3−5月が一番暑いグアダラハラの日常の風景
メ的自然美を求めて 05.18.
メキシコの特産品を使ったパーソナルケア製品がシリーズで販売されていたので、突撃リポート!
メ的物件探し~その2 04.19.
物件探しは契約にサインするまでが大変!
メ的物件探し 04.10.
3年半住んだ田舎町を離れ、いざ、都会に!


s